プログラム相談

プログラム相談

物性研共同利用スパコンでは、電子メールによるプログラム相談を受け付けています。なお、相談対応は物性研スパコン特有の問題の範囲内とさせていただき、一般的なプログラムについての質問、依頼については対応できかねますのでどうかご了承ください。

 

例えば以下のようなケースについてご相談下さい。

  • 他のサイトに比べて不自然に実行性能が低い
  • 他サイトでビルドできるものが、物性研スパコン上でビルドできない
  • 他のサイトで動作するものが動作しない、もしくは大きく異なる動作をする
  • コンパイラ等の動作に疑問がある
  • ジョブがエラーで終了したが、そのエラーの意味がわからない。
  • ライブラリのリンク方法、利用方法がマニュアルを読んでもわからない。もしくはうまくいかない。

 

以下のようなケースについては対応できません。

  • 一般的なユーザプログラムのデバッグ依頼
  • 並列化されていないコードの並列化依頼
  • ユーザプログラム/市販プログラムの高速化、最適化依頼

 

 

プログラム相談窓口はシステムごとに異なります。

 

  • システムB (ohtaka) : Dell PowerEdge C6525/R940

program_b__at__issp.u-tokyo.ac.jp (__at__を@にして下さい。)

 

  • システムC (kugui) : HPE Apollo 2000 Gen10 Plus/HPE Apollo 6500 Gen10 Plus

program_c__at__issp.u-tokyo.ac.jp (__at__を@にして下さい。)

 

ご連絡の際には以下の記載例を参考の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。

 

記載例の内、以下の4項目については必ず記載していただきます様お願いいたします。

  • ユーザID
  • 氏名
  • システム名
  • 相談内容

 

なるべく問題箇所を明確にしてからご相談下さい。大規模なプログラムの相談には応じられないことがあります。2週間以内を目安に回答を差し上げるようにいたしますが、調査内容によってはそれ以上のお時間をいただくこともあります。どうかご了承ください。

 

【プログラム相談メール記載例】

お問合せ日時: 平成  年  月  日

(必須)ユーザID:
(※物性研スーパーコンピュータシステムのユーザIDを記載)

(必須)氏名:

所属:

電話番号:

(必須)E-mail:

(必須)システム名: [ ] システムB  [ ] システムC (※いずれかをチェック)

(必須)相談内容: (※次のような内容をわかる範囲でご報告ください)

    • 使用言語
    • 並列モデル
        MPI, OpenMP, MPIとOpenMPのハイブリッド、等
        並列化に関する詳細
    • コンパイラ・オプション
    • エラー・メッセージ
    • ソースコードの中で最適化を行ないたい箇所
    • 実行時の環境(環境変数、limitコマンドの出力)
    • その他の情報(プログラムの説明、エラーの状況など)

 

添付資料:

(拡張子.sh, .csh, .exeなどの実行可能な形式の添付ファイルは送ることができません。 zip や tar.gz などで圧縮してお送りください。システム上に置かれている場合、そのファイルパスを記入してください。)