Quantum Espresso

Quantum Espresso

擬ポテンシャル法と平面波基底を用いた第一原理計算ライブラリ。広範な物理系に対して、密度汎関数法に基づく電子状態計算を高精度で行うことができる。基本プログラムのほかに多数のコアパッケージ・プラグインが含まれ、無償ながら研究・開発に利用できる多くの充実した機能を持つ。MPIによる並列計算にも対応している。

ホームページ

公式ページ: http://www.quantum-espresso.org
MateriApps: https://ma.issp.u-tokyo.ac.jp/app/720

インストール済最新バージョン

2023/5/22 現在、以下のバージョンがインストールされています。
システムB: 6.7, 6.8, 7.0, 7.1, 7.2(デフォルト)

物性研スパコンでの利用方法

以下、$MA_ROOTは次のディレクトリに置き換えてください。
システムB: /home/issp/materiapps/oneapi_compiler_classic-2023.0.0--openmpi-4.1.5

インストール場所

$MA_ROOT/espresso

実行ファイルのインストール場所

$MA_ROOT/espresso/espresso-6.6-1/bin

(*) ビルド時のオプション等は

$ less $MA_ROOT/espresso/log

で確認できます。

サンプルスクリプトの場所

サンプルスクリプトは以下のフォルダ内にあります。

$MA_ROOT/espresso/sample_script/espresso.sh

なお、プリインストールされたQuantum Espressoを使用したい場合には、

$ source $MA_ROOT/espresso/espressovars.sh

を実行することで、プリインストールされている最新版のQuantum Espressoの環境変数等の設定が行われます。
バージョンを指定したい場合には、espressovars-x.y.z.sh (x.y.zはバージョン番号)を実行してください。